CVSドラッグストア 大麻CBD製品の販売開始
CVSドラッグストア 大麻CBD製品の販売開始

アメリカ最大のドラッグストアが大麻ベースの製品販売を開始!​

Share on facebook
Share on twitter
  1. 薬局によると、この製品にはクリーム、スプレー、ロールオン、ローション、膏薬などの局所薬が含まれています。
  2. これらの製品は8州で入手可能です:アラバマ州、カリフォルニア州、コロラド州、イリノイ州、インディアナ州、ケンタッキー州、メリーランド州およびテネシー州。
  3. 声明の中で、CVSは、CBD含有サプリメントや食品添加物を販売していないと明記しています。

CVS Pharmacyは3月20日水曜日、カンナビジオール(CBD)製品を一部の州で販売し始めたと語りました。

ドラッグストアによると、CBD入り製品にはクリーム、スプレー、ロールオン、ローション、軟膏などの局所薬が含まれています。これらの製品は下記の8州で入手可能です。

  • アラバマ州
  • カリフォルニア州
  • コロラド州
  • イリノイ州
  • インディアナ州
  • ケンタッキー州
  • メリーランド州
  • テネシー州

声明の中で、CVSはCBD含有サプリメントや食品添加物を販売していないと明言しています。

広報担当者は、声明の中で、「我々は、適用法を遵守し、CVSの高品質基準を満たすCBD製品メーカーと提携している」と述べました。

CBDは消費者製品の最も熱い原料の1つになりつつあります。企業は、非精神活性大麻化合物を食品、飲料、スキンケア製品に加えています。

12月に締結されたドナルド・トランプ大統領農場法案は、麻(ヘンプ)由来のCBDを合法化しました。しかしながら、この化合物は医薬品Epidiolexの有効成分であるため、FDA(食品医薬品局)の規制の下ではCBDを食品および飲料製品に添加することは依然として違法です。

FDAの理事であるScott Gottlieb氏は、機関がこれを変更する方法を提案すると発表しました。その間、大手製造業者や小売業者は規制の不確実性を乗り越えようとしています。

大麻会社Curaleafの最高経営責任者(CEO)は3月20日水曜日の同社の収支報告で、今週から10州の800以上のCVSヘルスストアが自社製品の販売を開始すると述べました。Curaleafはまた、近々CVS.comのウェブサイトでも提供される予定だと述べました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート