弁護士
弁護士

アメリカ弁護士会が州独自に大麻規定を設定させるよう議会に要請!​

Share on facebook
Share on twitter

米国弁護士協会(ABA)は月曜日に議会が州に独自のマリファナポリシーを設定できるようにすることを呼びかけ、連邦法に基づいて大麻のスケジュール変更またはスケジュール変更を推奨する決議を採択しました。

ABA下院議員は、サンフランシスコで開催された組織の年次総会でこの措置を承認し、ABAジャーナルによると、支持者の発言する時間を過ぎた後でも、「可聴の反対なし」で通過し、広く支持されました。

ABAはマリファナの合法化については立場をとっていないと明記しましたが、相反する連邦と州の大麻政策は支持できず、州法に準拠して事業を展開する大麻ビジネスに複雑さをもたらしています。これは、企業を現金ベースで運営させ、犯罪の標的にする金融サービスへのアクセスの欠如が含まれます。

決議は、ABAが「議会に州法に従って行われるマリファナの生産、流通、所有、または使用を規制物質法(CSA)から免除する法律を制定するよう促す」と述べている。

ABAは1878年に設立され、現在411,000人のメンバーを誇っていますが、議会に制限の少ないカテゴリに分類したり、連邦規制物質のリストから完全に削除したりできる「規制物質法のスケジュールIからマリファナを削除する法律を制定する」ことも望んでいます。

最後に、決議は、議会が「アメリカで一般的に使用され市販されている大麻製品の有効性、用量、投与経路、または副作用に関する科学研究を奨励する」法律を可決することを推奨しています。

法案に添付された報告書は、州レベルの合法化の取り組み、連邦政府の禁止の歴史、および「結果として生じる規制上の泥沼」に関する背景を提供しています。

「マリファナを実質的にすべての状況で禁止するスケジュールIと、少なくとも何らかの目的でマリファナを認可する州の規制改革との間には明らかな緊張関係があります。」とABAは書いています。「州法と連邦法はよく分岐しますが、マリファナ政策は環境法から職場法に至るまで、州が連邦政府がほぼ普遍的に禁止している規制および税務を行う唯一の分野です。」

ABAは議員が医療大麻を認めている州のために確保することができた一時的な保護と司法省からのメモは、連邦政府の禁止によって生じた規制の緊張を緩和するのに十分ではない、と主張しました。下院は、成人向けプログラムに保護を拡張する予算の付加条項を承認しましたが、上院でどのように進むかは明確ではありません。たとえそれが通過したとしても、毎年更新する必要があり、不確実性が生じます。

しかし、基本的には、支出する予算の付加条項は司法省の行動に対する制限としてのみ機能するため、他の関係者が州法に準拠したマリファナのビジネスおよび消費者に対して連邦法を使用することを防いでいません。

ABAは、これらの企業が現在の規制の枠組みの下で直面しているさまざまな問題をリスト化しました。銀行サービスへのアクセスの欠如、「異常に高い連邦税」、商標に対する連邦保護の欠如、民間訴訟の増加です。

「国家改革と連邦法の間の未解決の緊張から生じた規制の泥沼に誰も満足してはならない。」

レポートでは、これらの問題を解決するために推奨事項がどのように役立つかについて説明しています。

憲法修正第10条(STATES)法などの法律を可決することは、「マリファナ企業が銀行および法的サービスを取得し、連邦税債務を計算する際に合理的な事業費を差し引き、商標の連邦保護を取得し、市民のRICO(重い処罰と罰金)を回避できること」を意味します責任など。」

さらに議会は、成人使用プログラムの年齢制限を含む「マリファナ活動の慎重な管理を採用し、維持するよう州に奨励する」ことにより、州の大麻プログラムの基本的な連邦枠組みを確立するような法律に規定を付けることができます。

しかし、CSAの下で大麻が合法な州の免除を作成しても、連邦政府の禁止が造り上げた問題のすべてが解決するわけではないため、ABAはスケジューリングの推奨事項も作成しました。

マリファナのリスクと利益に関する知識は、大麻がCSAのスケジュールIに掲載されてから数年で進化し、明らかに危険な物質と同じカテゴリーで大麻をスケジュールすることは意味をなさないと述べました。スケジュールを変更することで連邦規制を緩和することもできますが、「議会は、アルコール飲料とタバコを法令の対象から除外することができたように、CSAからマリファナを完全に削除することを選択することもできます。」とABAは書いています。

決議の最後の部分では、大麻の研究を支援する必要性について議論しています。すぐに改善できる分野の1つは、研究レベルのマリファナの調達です。ABAは例として、麻薬取締局(DEA)が2016年に、研究を強化する可能性のある追加の大麻製造業者の申請を受け入れることを発表したことに言及しました。偶然にも、このトピックに関するABAの決議は、DEAがその発表を行ってからちょうど3年後に承認されました。

この措置は「議会にマリファナの科学的研究を積極的に支援するよう促す」とABAは書きました。「マリファナの利点と有害性に関する科学的知識が深まるにつれて、議会と州は協力して、麻薬の有害性に適切に対処しながら、マリファナの利点を確実に実現できるようになります。マリファナの慎重な科学的研究を奨励することは、将来のマリファナ法の改革の方向に関係なく有益です。」

「大規模な盲検試験を行うことはできません。誰もが起訴されることを恐れているからです」と決議案を動かしたStephen SaltzburgはABA Journalに語りました。「研究が必要です。州や[連邦政府]が当てずっぽうになってはいけません。」

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート