ワシントン州 ヘンプ農業
ワシントン州 ヘンプ農業

アメリカ全体の法改正後、ワシントン州の麻業界は2倍以上の規模に!​

Share on facebook
Share on twitter

連邦レベルと州レベルの両方で法改正が行われ、業界が急速に拡大するため、おそらくこの夏はワシントンの近代史上最大の産業用大麻作物が見られるでしょう。

ワシントン州農務省は、法律が変更されてから6週間で26の麻免許を承認しました。州のデータによると、プログラムの最初の2年間よりも多くのライセンスが承認されています

「ワシントンで麻を生産することに大きな関心が寄せられています」とWSDAの広報担当カストロは言います。「応募者数が大幅に増加しました。まだ25〜30の申請がまだ進行中です。」

ワシントンの大ブームは2つの進展を経て生まれました。一つ目は、昨年に、議会は管理物質法から産業用麻を取り除き、THCフリーの大麻を事実上合法化しました。2つ目にWSDAはすでに麻の研究プログラムを実行していましたが、農民と麻の加工業者にとってより魅力的になるように試験プログラムにいくつかの変更を加えました。

これら2つの動向は、特に今後10年間で数十億ドル規模の成長が見込まれるCBD市場の成長に牽引されて、植物に対する事業関心の高まりと一致しています。

産業用大麻植物は信じられないほど多種多様な製品を作り出すことができます。大麻種子は栄養価の高い食用油を作ります。また、大麻繊維は衣服や建築材料にすることができます。産業用大麻はCBDを含むことができ、産業用大麻農家は急成長している10億ドル規模のCBD産業に供給できます。産業用大麻(ヘンプ)は植物学的分類ではなく法的用語で、マリファナに含まれる主な精神活性成分であるTHCが0.5パーセントを超えない大麻植物を指します。

カストロによると、州はこのプログラムのための新しい規則をまだ作成中ですが、すぐに2つの変更により種子の入手が容易になります。

「これら2つの変更だけで、麻を生産することができる人々の関心レベルを上げるのにかなりの効果をもたらしているようです」とカストロは述べました。

カストロは、麻の許可証の増加は州のプログラムの実行可能性にとって良いことであると述べました。政府機関のプログラムの大部分と同様に、WSDAの大麻プログラムは、大部分が大麻のライセンス取得者が支払う料金によってまかなわれています。

「この立法措置の前に、私たちは州で6つ程、認可された麻生産者を持っていました」とカストロは言いました。「関心が大幅に高まっていることがわかります。これは、このプログラムにとって明らかに有望であり、これが持続可能であることです。これらは有償でサポートされているので、発行できるライセンスが多ければ多いほど、運営に必要な資金を確保するという点でプログラムにとってより良いものになります。」

カストロによると、WSDAは承認申請の増加に対処するために、より多くの従業員を採用することを計画しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter