大麻 独立記念日 売上
大麻 独立記念日 売上

アメリカ人は7月4日、独立記念日のために4億ドルを大麻に使用!​​

Share on facebook
Share on twitter

合法的な大麻は、7月4日の重要商品として、ビール、ホットドッグ、花火などと同じように必要とされました。

全国の売上高によると、独立記念日に至る1週間の平均で売上高が4億ドル、平均の60%増となっています。

世界中の大麻の売上高を追跡する法令遵守テクノロジー企業、Akerna Corp.が収集した売上高データが多くのディスペンサリーが7月4日木曜日は休みになっていたにもかかわらず、7月4日に至る週の全国売上が毎日の売上平均を超えていたことを明らかにしました。

6月30日の日曜日は、今年の日曜日の売上の中で最高を記録し、売上は他の日曜日に比べ50%増でした。

7月1日月曜日は、今年の月曜日の最高売上となり、売上は平均の45%を上回りました。

7月2日火曜日は、年間の平均売り上げを53%上回り、年間最高の火曜日となりました。

7月3日の水曜日は、7月4日の週の最高の売上日と年間の最高の水曜日で、1日の平均の2倍以上の売上を記録しました(112%増)。

7月4日木曜日、多くの愛国心のある小売業者が休暇をとっていたにもかかわらず、売上高は全国の1日平均をわずかに上回っていました。

売上高は4/20の有名な大麻の日に見られるレベルに跳ね上がりました。誰が買っているかという人口統計は65パーセントの男性と35パーセントの女性の割合で典型的でした。その他の要点は次のとおりです。

注文合計は、今年の他のすべての日の平均注文合計よりも平均3ドル多くなりました。(6月28日から7月4日までのは100.87ドル、これまでの全国の2019年の平均注文合計は97.57ドル。)

1注文あたりの平均商品数は平均3.04で、日々の平均2.64と比較して15%増加しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter