| | | | | | | | | | | |

アメリカが麻(ヘンプ)を完全に合法化!

ドナルド・トランプ大統領は2018年の農業法案に署名しました。農業法案は木曜日に数十年間、大麻禁止の法案に巻き込まれた工業用大麻(ヘンプ)を合法化します。

調印式は、幅広い農業法案の様々な条項の数カ月にわたる努力の結晶を表しています。

食品医薬品局(Food and Drug Administration)は、「この法案はヘンプ由来の大麻製品の合法的マーケティングのための道筋ですが、今のところ、CBDまたはTHCが追加された食品を州際通商に導入することは違法です。」とトランプ大統領が署名した後に表明しています。

農業法案の麻に関する条項は何を意味していますか?

この動きは完全な合法化として広く特徴付けられてきましたが、厳しい規制が依然として適用されることに注意することが重要です。大麻はもはや司法省の管轄ではありませんが、栽培者は州政府やUSDAを通して栽培計画を米農務省(USDA)に提出しなければなりません。

麻(ヘンプ)として分類されるためには大麻植物は0.3%未満のTHC含有量でなければなりません。

農家にとってのもう一つの積極的な進展は、連邦作物保険法の下で大麻を扱うことを規定していることです。つまり、農作業者が作物の損失があった場合、農家が他の農業従事者と同じように保険を受ける権利があるということになります。

CBDに関してはどうですか?

「農業法案について存在する大きな神話である、カンナビジオール(CBD) – 大麻に含まれる非中毒性化合物 – は合法化されている。」という関心について、Brookings InstituteのJohn Hudakがこの法律の側面について次のように公表しています。

「農薬法第12619項は、ヘンプ由来製品を規制物質法の下でSchedule Iの地位から取り除いていますが、CBDを一般的に合法化している事実はありません。私はこのブログ上や他の場所で述べてきたようにCBDは、一般的に、連邦法の下でスケジュールI物質ままです。農業法案は、関連する連邦規制、連合国の規制に一致した方法、且つ認可された栽培者が生産している場合のみ、大麻植物で見つかったあらゆる化学物質のカンナビノイドが合法的であることを保証します。他のすべての設定で生産された他のカンナビノイドはすべて、連邦法の下でSchedule I物質のままであり、したがって違法です。(FDAの認可を受けた医薬品グレードのCBD製品で、現在はGW PharmaceuticalsのEpidiolexは1つの例外として含まれています)

麻(ヘンプ)は、規制物質法の下で、連邦禁止薬物のリストから明確に削除されています。

NORMLのポール・アーメンタノ副局長は、「この法律改正の意義は、過小評価されるべきではない」と述べました。「この法律は、大麻植物の連邦分類の最初の変化として特徴づけられます。なぜなら、1970年に議会でスケジュール1に分類され、第2次世界大戦以来初めて連邦政府が認可した商業用大麻を栽培する道を切り開いたからです。」

擁護者の関心の中心となっている条項の1つは、重罪麻薬有罪判決を受けた人々が合法ヘンプ産業に参加することを禁じる条項です。この条項はまだ最終版のままになっていますが、議員たちは妥協案として、有罪判決から10年後にその判決が失効することになっている。

トランプはヘンプから作られたペンを使用して法案に署名するという提案を受け入れませんでしたが、それでも署名は署名です。麻薬の合法化は、Vote Hemp(非営利組織)によると、1月1日に発効するように設定されています。 しかし、農家が作物を合法的に栽培する前に、USDAに規制計画を提出するまでには、さらに時間がかかりそうです。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *