アムステルダムのコーヒーショップ
アムステルダムのコーヒーショップ

アムステルダムが旅行者によるコーヒーショップでの大麻購入の禁止を検討!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ヨーロッパにある大麻のメッカ、オランダのアムステルダムは、市内の混雑に対処するため、もうすぐ有名なコーヒーショップで観光客が大麻を購入することを禁止する可能性があります。

オランダでは依然として大麻は違法のままですが、寛容政策を取っているオランダではソフトドラッグとして個人での大麻使用は罰せられず、入手も簡単にできます。1972年に個人向けに大麻の販売が許可された最初のコーヒーショップがオープンしています。

現在、アムステルダムの市長フェムケ・ハルセマは、2018年に1900万人もの訪問者が訪れた市内の大規模な観光を厳しく取り締まっています。人口が85万人のアムステルダムでは、旅行客の過剰訪問を減らすという重圧が高まっています。

ハルセマは、コーヒーショップのためだけにアムステルダムを訪れる人数を知るために調査を依頼しました。

調査統計局が実施した調査では、最大5グラムの大麻を購入できるアムステルダムの大麻カフェの利用を拒否された場合、34%の観光客が市内を訪れる頻度が低くなることが明らかになりました。

さらに11%の回答者は、このような禁止が定められた場合、再びアムステルダムに旅行することはないと答えています。

また、回答数の半数であったイギリス人の訪問者はアムステルダムに旅行する頻度は低くなるだろうと答え、一方、12%は二度とアムステルダムへは戻らないと答えました。

「イギリスからの訪問者にとって、コーヒーショップは、アムステルダムに来る主な理由として頻繁に言及されています(33%)」と研究は結論付けました。

加えて、もう1つの大きな問題は、大麻ショップに大麻を供給するといういわゆるバックドアポリシーです。

アムステルダムのコーヒーショップは大麻の販売を許可されていますが、大麻の生産は違法であり、コーヒーショップで販売される大麻は実際に規制されていないという矛盾を生み出しました。

ハルセマ市長は、「今年、観光客への大麻の誘引を減らし、供給の規制のために研究をしたい」と述べました。ハードドラッグとソフトドラッグの市場を明確に分離することが、非常に緊急です。

アムステルダムは、大麻を買う観光客の禁止を実施する最初の都市ではありません。

オランダ南東部のマーストリヒト市は、近隣諸国からのドラッグ旅行に対する懸念が高まる中、観光客がコーヒーショップで大麻を購入することを禁止しました。マーストリヒトで大麻を購入するには、居住証明書を提出する必要があります。

アムステルダムの観光客の数を減らすためのその他の取り組みには、市内の有名な歓楽街のガイド付きツアーの禁止も含まれています。

今年4月から、De Wallenとして知られる歓楽街への訪問を案内するツアーガイドに190ユーロの罰金が科され、免許を取り消しが行われます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart