アジア人男性 大麻吸引
アジア人男性 大麻吸引

アジアの医療用大麻市場は2024年までに58億ドル以上の価値!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

マーケットインテリジェンスおよび戦略コンサルタント会社であるProhibition Partnersが発表した最新のレポートでは、アジアの医療大麻市場は、2024年までに58億ドルに達すると予測されています。

5月11日木曜日に発表された分析によると、大麻の合法化が多数の大陸の主要市場で導入された場合、この見積もりは2027年までに4倍になる可能性があります。

Asian Cannabis Report™は、アジアが大麻の合法化を通じて大きな報酬を得ることができると考えています。レポートには、中国、インド、タイ、韓国を含む7つの主要市場の詳細な市場価値予測、規制タイムライン分析、消費データ、およびヘルスケア分析が含まれています。

主な調査結果は次のとおりです。

  • 医療大麻と娯楽大麻の両方が多数の主要市場で合法化されている場合、アジアの大麻市場は2024年までに85億ドルに達すると予想されています。
  • アジア全土で約8,600万人が大麻を消費しており、医療用大麻の消費量だけでも、他のすでに合法化を導入している国や地域よりも急速に増加すると予想されています。
  • 中国と日本はアジアの2大医療用大麻市場であり、2024年までに中国に対して約44億ドル、日本に対して約8億ドルの価値があります。これらを総合すると、市場の大部分のシェアを占めるでしょう。
  • 中国はすでに大麻の世界的な優位性を確立しており、世界の供給の半分近くを占めています。これは推定12億ドルに相当します。
  • インドには、アジアで最も多い大麻消費者が住んでいます。推定3,800万人です。

Provention PartnersのマネージングディレクターであるDaragh Anglim氏は、「規制された合法的な大麻市場は、アジア全域の患者、農家、経済にとって変革をもたらす可能性があります。 金融の観点からは、世界で最も人口の多い地域である大麻の合法化は、地域の需要と国際的な需要の両方に支えられて、地域全体で堅調な経済成長を促進する可能性があります。」とプレスリリースで述べています。

「CBDの需要が国際的に増加するにつれて、中国はこの新興市場を利用し、地域全体の経済成長、雇用、および税を促進させる可能性のあるさまざまなカンナビノイドの治療効果を支持して、意見を転換する大きなチャンスを得ています。」

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart