大麻栽培
大麻栽培

アクアポニックスとは!?最も効率的でエコな大麻栽培の方法

Share on facebook
Share on twitter

Aquaponics(アクアポニックス)はおそらく、慎重に調整することができれば、大麻栽培が自給自足でできるシステムで、最も良い方法になります。このシステムは、栽培者の介入を最小限に抑えながら、魚と植物の両者がお互いの成長をサポートできるように、生育促進します。

魚は、ポンプシステムを介して、植物が成長するために必要な水および栄養素を保持する別のタンクに接続された水槽に収容されます。栄養素は、魚や植物によって生成された廃棄物から来ており、順番に水をろ過して水槽に戻しすという、完璧なループとなっています。

水産養殖として知られているこの育成形式は、バージン諸島大学のJames Rakocy博士によって最初に実践されました。Rakocy博士の発見は、水槽で水をろ過する自然な方法を見つけるために実験から生み出されました。水域で自然に見いだされた植物の利用し始めましたが、最終的にレタスのような食用植物を育てる多目的システムの可能性を実感しました。

1990年代、ミズーリ州の農業者のトムとポーラ・スペルパネオは、土壌のような環境をシステムに加え、大麻を育てる方法としてアクアポニクスの基礎を築くことによって、そのシステムが様々な植物の育成を可能にするという変更を行いました。

Aquaponics Systemの長所と短所は何ですか?

長所:

正確に測定されている場合、養殖業者は魚に餌を与えるだけで完全に自給自足できる。
いくつかの栽培者によると、水の消費に関して最も効率的。
ほとんどの栽培者によれば、より大きな植物を育てることができ、トマトのような同様の栄養素を必要とする他の果実植物も栽培することができる。
植物と魚の両方を同時に育成、栽培することができます。
大麻と食糧の両方を成長させる完全に有機的な方法となり得る。

短所:

初心者が設定するには、高価で労力を要するシステムになる可能性がある。
栄養素に必要な細菌コロニーを作り出すことは困難で時間がかかる。
養殖業者は、藻類の成長と魚の飼育に注意しなければならない。

大麻用のAquaponics Kitの準備

魚から出る廃棄物(窒素)は、植物の成長にとって最も重要な栄養素の1つです。その為、アクアポニクスシステムは、レタスやハーブのような単純な植物を栽培するのに理想的です。レタスやハーブは、システムの貯水槽に自由に浮遊することができます。しかしながら、大麻植物は、窒素、リン、およびカリウムの完全なNPKを提供するために、アクアポニックシステムに少しの変更、追加を必要となります。この変更は土壌およびロックウールのような成長環境の追加を含みます。

鉢植えは、根が鉢植えの底部を通り、下の貯水池の栄養豊富な水の中で成長することを可能にするロックウールのような成長環境で満たされた成長トレイに置かます。土壌はまた、水を汚染するのを防ぐと同時に、土壌を通すことでさらに成長することを可能にしながら、薄い層によってロックウールから分離された、鉢植えの最上層としても使用される。この変更は、根の1つの部分が土壌の栄養素にアクセスでき、もう1つの部分が栄養分の豊富な水にアクセスするために鉢植えを通っているため、ダブルルートゾーンとして知られています。

初心者の方には、初期段階で多くの準備と測定が必要なため、このシステムは家庭ではかなり高価で複雑なものになります。しかし、すでに水耕栽培の経験があり、水力発電に必要な設備があれば、水槽システムに変更するのは難しいことではありません。海洋生物の追加には少しの研究と余分な作業が必要になるかもしれませんが、システムが完全に機能したら、時間とエネルギーを節約する価値があります。

この成長方法は2種類の生命を維持し、本質的に凝縮した生態系であることを覚えておくことが重要です。結果として、高品質のパイプやろ過システムを選択することは賢明な投資となります。最初に投資したお金は、時間の経過とともに還元されます。

また、このシステムが完全に自立している状態に到達するまでには、時間と労力が必要です。栽培者は、植物に適切な栄養素が確保され、水が効果的に魚のためにろ過されることを確認し、魚にとって理想的な比率(植物と魚)および摂食養生法を計算する試行錯誤プロセスを経なければなりません。

栄養素に関しては、大麻植物は単純な非開花ハーブよりも少し複雑です。なぜなら、開花段階で異なる栄養素の組み合わせを必要とするからです。このため、いくつかの水耕栽培者は、両方の段階で2つの別々のタンクを設置することを提案しています。

また、異なる段階で必要な追加栄養素を手動で追加することもできます。しかし、魚を傷つけることなく実行しなければなりません。栄養素を追加する場合は、魚に届く水が効果的に濾過されるように、植物が消費する量だけを追加するように水をテストする必要があります。

Aquaponic Gardeningの作者Sylvia Bernsteinが推奨する最も効率的なオプションの1つ、魚や野菜を育てるためのステップガイドでは、アクアポニクスシステムの土壌にミミズのようなワームを追加することです。ミミズ堆肥は、天然の栄養素を提供することができ、魚によって産生される固形廃棄物の一部を分解して、その廃棄物を栄養素に変換する細菌プロセスを促進することもできます。ミミズではなく、赤ウィグラー堆肥虫は、これには理想的です。

Aquaponics Fish Tankはどのように機能しますか?

アクアポニックスシステムは、淡水水族館で生き残ることができるあらゆる種類の海洋生物をサポートすることができます。これには甲殻類とエビが含まれますが、異なる海洋生物は、植物と魚の比を変えて、植物を飼育し続けるために必要な栄養素のレベルを調整する必要があることに注意が必要です。

ほとんどの栽培者は、食用で混み合った水域で繁栄できるティラピアのような魚を使うことを好みます。芽を収穫することだけを考えているなら、簡単に金魚や鯉を使うことができます。

アクアポニクスシステムで使用される最も一般的な魚のは、ナマズ、ティラピア、金魚、トラウト、コイ、ブルーギルです。

aquaponicsシステムをセットアップするには時間がかかり、多くの研究が必要になります。しかし、このシステムは労働集約的な方法ではなく、一度大麻を栽培できれば、最も効率的となります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート