| | | | |

もうすぐアラスカのディスペンサリーで大麻消費が可能に!​

2019年末までに、アラスカ州のマリファナの消費者は大麻を購入して、その場で喫煙できるようになります。

21歳以上の成人は、アメリカの多くの州で、認可された薬局(ディスペンサリー)から規制され、課税された大麻を購入することができます。しかし、2019年3月12日に共和党の副知事であるケビン・マイヤーが、アラスカ州の現場での消費規制の新しい法律に署名するまで、どの州も購入した場所での消費を許可していませんでした。

カリフォルニアには、大麻使用者がその購入品を現場で消費できるようにする薬局がいくつかあります。そのほとんどはサンフランシスコにあり、医療用マリファナを合法化した時代にその場での使用が許可されています。そしてデンバーの企業は気化を許可の取得申請をすることができます。

しかしそれ以外に、これまでのところ合法的に購入された大麻を座って消費するための安全な場所(自分の家以外の場所)を見つけるのは難しくなっています。大麻が合法である他のすべての州と同様に、屋外喫煙は違法です。特定の賃貸住宅にいる大麻消費者は、合法的な化合物を使用したことに対する罰金または立ち退きのリスクがあります。

現在、アラスカ州の正規小売企業は、2019年4月11日から「特別なオンサイト(その場で使用する事)利用の承認」を申請することができるようになります。

アラスカ州の最初のマリファナ喫煙ラウンジが営業開始する時期は不明ですが、業界の観察者は、2019年7月中旬以前に起こる可能性は低いと述べました。

アラスカマリファナ産業協会のエグゼクティブディレクターであるCary Carrigan氏は次のように述べました。「私達が開発し始めると、人々は私達をとても見ています。従って私は皆が正しくしたいと思うことを知っています。」

新しい規則の下では、消費エリアは、壁と「安全なドア」または屋外のいずれかによって、小売スペースから物理的に分離されなければなりません。企業はセキュリティ計画と適切な換気を提供する必要があります。

この方針により、地方自治体は、現場での使用を完全に禁止したり、消費を気化のみに制限するなどの制限を厳しくすることができます。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *