大麻カフェ
大麻カフェ

なぜ大麻カフェが多いの!?大麻とコーヒーの組み合わせについて!

Share on facebook
Share on twitter

コーヒーと大麻は天国で作られた最高の組み合わせのようです。

これはお目覚めに最適です。コーヒーのエネルギーで大麻の精神作用を得ることができます。そしてワインとチーズの素晴らしいペアのように、心地良い香りと味を楽しむことができるでしょう。

コーヒーと大麻の研究

大麻とコーヒーの組み合わせ方を説明する前に、組み合わせの背後に発見された科学を知ることが最善です。

2014年には、Journal of Neuroscienceによる研究が行われ、大麻とコーヒーの効果がまとめられました。

この研究では、リスザルにカフェインを投与したところ、大麻の精神活性作用を引き起こす化学物質であるテトラヒドロカンナビノール(THC)の静脈内放出を引き起こし、リスザルが「ハイ」になりました。

この研究では、少量のカフェインがシナプス前アデノシン受容体を遮断してサルにTHCの投与を停止させましたが、多量のカフェインはシナプス後アデノシン受容体を遮断してサルのTHC使用を増加させました。したがって、消費するコーヒーの量は、摂取したい大麻の量に関係しているということになります。

2012年、サルの実験と同じ科学者であるSergi Ferre博士が、カフェインと大麻がラットに及ぼす影響を調べました。彼はその組み合わせがラットに対する記憶を制限する効果を悪化させることを発見しました。

Dr. Ferreは、カフェインと大麻の両方が脳内のドーパミンを増加させるので、カフェインと大麻が一緒に摂取されたとき、大麻からのドーパミンの効果を拡大することができます、言いました。

「カフェインはTHCやコカインを含む精神刺激薬の効果を著しく増加させます。」「また、THCを含むドーパミンを放出する様々な物質は、カフェインによってその効果が高まります。」

この組み合わせによって大麻への欲求とその影響が高まる可能性があるため、これらの研究は人間に対しては行われていません。

シカゴのノースウェスタン大学の研究者によって行われたJournal of Internal Medicine に関する 2018年の研究もまた、コーヒーと大麻が互いにどのように関連しているかを調べました。

研究ではカフェインが、大麻が効果を与える脳の同じ領域、内在性カンナビノイドシステム(ECS)と呼ばれる神経伝達物質ネットワークに影響を与えることを発見しました。

この3ヶ月間の調査では、フィンランドに住む47人が参加しました。最初の月には参加者はコーヒーをまったく飲まず、二ヵ月目には一日に4杯、三か月目には一日に8杯を飲みました。

その後、科学者らは、代謝中に生成される化学物質である、参加者の血液中の代謝産物のレベルを調べました。彼らは、カフェイン摂取量の増加、特に1日8カップで、ECSの血中代謝物が減少することを発見しました。

まとめると、コーヒーは血液中の115種類の代謝物を変化させ、それらの代謝物中の1つの化学物質は内在性カンナビノイドであり、神経系の受容体に結合する分子です。私たちの体はカンナビノイドを作りますが、大麻のような外部からのものにも反応します。

その研究は、コーヒーが大麻よりもECSにおいて正反対の効果を持つことを見出しました。

コーヒーが内在性カンナビノイドを含む代謝過程に影響を与える前に発見されたことはなく、科学者はコーヒーと大麻が私たちの体の同じシステムに相互作用効果を及ぼす可能性があると結論づけました。

まだまだ、コーヒーと大麻の組み合わせによる影響や効果は明らかになっていないことも多いです。しかしオランダのアムステルダムで大麻カフェが多くあるように、この組み合わせが好きな人も多いでしょう。

体には気を付けて、楽しい時間を過ごしてもらいたい。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート