大麻が食欲増加
大麻が食欲増加

なぜ大麻は食欲を増加させるの?​

Share on facebook
Share on twitter

イェール大学の新しい研究は、大麻から得られる効果の中で最も不思議な現象の一つ、マンチーについて説明しました。なぜ大麻を摂取した多くの人たちの食欲は増すのでしょうか?イェール大学の研究は永遠の疑問に飛び込み、科学的な答えを見つけました。

カンナビノイド受容体は、視床下部に位置するプロオピオメラネコルチン(pro-opiomelancortin)、またはPOMCニューロンとして知られる脳内の特定の神経細胞に反応します。これらの神経細胞は食欲をコントロールしています。

POMCニューロンは、満腹になった際、食べるのをやめさせるために、脳に信号を送る役割も担っています。

科学者は長い間、カンナビノイド受容体の刺激と食欲の増加とを関連づけてきました。しかし、この研究では、カンナビノイドが取り入れられたとき、POMCニューロン内部の受容体が活性化され、人が満腹であるという信号伝達から、食欲を増加させる神経伝達物質であるエンドルフィンの製造に切り替わるという相関関係を導き出しました。

主任研究者のTamas Horvath博士(カンナビノイドと食事の行動やエンドカンナビノイドと体脂肪調節におけるそれら役割について、数多くの科学的研究を執筆している)は、車を止める為に優しくブレーキしている足をいきなり、加速するアクセルに切り替えるようなものだと、この化学的な作用を説明しています。

つまり、脳の中枢にある食欲システムを騙し、ちょうど食べた終わった直後であっても空腹感を感じてしまうのです。

これは大麻の摂取でよく経験する標準的で素晴らしい化学反応である、幸福感、高揚感、空腹のような現象も説明しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート