ヘンプバッツ
ヘンプバッツ

「ライトなカンナビス」の合法化が医薬品の売上を減少!​

Share on facebook
Share on twitter

先週、イタリアの内務大臣は、「軽い大麻」、または全国各地の小売店が法の抜け穴を使ってTHCの低い麻(ヘンプ)のバッツを消費者に販売していることについて「戦争」を宣言しました。しかし、今月末には麻(ヘンプ)売買の合法性について、国の最高裁判所が判断を下すと見込まれているため、6月にもそうなるかどうかは定かではありません。

軽い大麻が購入可能になってから最初の10ヶ月で、国民保健サービスは分配した医薬品の消費数に対して、注目に値する減少を発見をしました、と新しい研究は報告しています。

具体的にいうと、イギリスのヨーク大学の研究者らは、「政策の導入後、特定の州に成分が強くない大麻が到着したことで、薬箱の中にある不安解消薬の消費量が約11.5%、調剤された鎮静剤が10%、抗精神病薬は4.8%減少しました。」と書いています。

Health Econometrics and Data Groupワーキングペーパーシリーズに掲載されたこの研究は、人々がどのように大麻を使って自己瞑想をするかを調べた最初の研究の1つです。

イタリアで2016年に制定された麻(ヘンプ)の生産を規制する新しい法律は、0.2%THC以下の麻のバッツは「コレクターズアイテム」として購入することが合法になったことで、無意識に「グリーンゴールドラッシュ」を起こしてしまいました。

人々は麻(ヘンプ)のバッツが入った瓶を買うことができますが、実質、消費することは許可されていません。産業大麻(ヘンプ、麻)を連邦政府により合法化した米国の2018年農場法案と違って、イタリアの法律は植物周辺の特定の制限を取り除きました。数ヵ月後、国内の小売業者は麻のバッツを「技術商品」として販売していました。

この研究の著者は、大麻の利用がどのようにして伝統的な薬の利用から代替として大麻に切り替えていくことができるかを研究するための素晴らしい入り口として「軽い大麻の意図しない自由化」を見出しました。

「我々は、軽い大麻が市場で入手可能であることにより、オピオイド、抗不安薬、鎮静薬、抗片頭痛薬、抗てんかん薬、抗うつ薬、および抗精神病薬の調剤パケット数が減少したことを発見しました。」

研究のために、彼らは2016年1月から2018年2月までのイタリア全106州の医薬品販売に関する月次データを収集しました。月平均で、イタリアの保健当局が州ごとに28パケットの鎮静薬と72箱の抗不安薬の払い戻しを提供することを発見しました。また、オピオイドの12,610パケット、抗てんかん薬の18,460パケット、抗うつ薬の27,198パケット、抗精神病薬の4,802パケット、および抗片頭痛薬の2,504パケットの返済を記録しました。

軽い大麻が小売店ですぐに手に入るようになった後、調剤された医薬品の平均数は約1.6パーセント減少しました。一般的に不安や精神病の治療に使用される薬の処方箋(CBDが影響を与えることがわかっている条件)が最も減少しました。

その結果、研究者らは政策立案者に対し、軽い大麻の市場をより効果的に規制することを検討し、麻起源のCBDをどのように調整するかを検討するよう奨励すると結論している。 薬用に使用することができます。

一方、米国では、食品医薬品局(FDA)の役人たちが、CBDを含む製品を規制する方法をまだ見つけようとしています。 議会の行動がなければ、数年かかるかもしれない、とFDAのコミッショナーは最近述べた。

最終的に、この研究は「軽度の自由化でさえも医薬品市場に大きな波及効果をもたらす可能性がある」と結論している。
その結果、研究者らは、政策立案者に対し、軽大麻市場をより効果的に規制することを検討し、どのように麻由来のCBDを薬用に使用できるかを評価することを奨励しています。

最終的に、この研究は「軽度の自由化でさえも医薬品市場に大きな波及効果をもたらす可能性がある」と結論しています。その結果、研究者らは、政策立案者に対し、軽大麻市場をより効果的に規制することを検討し、どのように麻由来のCBDを薬用に使用できるかを評価することを奨励しています。

一方、アメリカでは、食品医薬品局(FDA)の役人たちが、CBDを含む製品を規制する方法をまだ見つけようとしています。議会の行動がなければ、数年かかるかもしれない、とFDAの理事長が最近述べています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter