大麻の使用がPTSD患者のうつ病、自殺念慮の割合を低下させる!

大麻の使用がPTSD患者のうつ病、自殺念慮の割合を低下させる!

新しい研究によると、マリファナを消費する心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ人々は、非使用者と比較して抑うつエピソードが著しく少なく、自殺念慮の割合が低いことを発見しました。

火曜日にJournal of Psychopharmacologyで発表されたこの研究では、カナダ統計局2012年の地域健康調査の全国的な代表的な健康データを分析し、過去1年間のマリファナの使用を報告していないPTSDの人々は、自殺念慮があり、抑うつ期を経験する可能性がはるかに高くなります。

「この研究は、大麻の使用が心的外傷後ストレス障害と重度の抑うつ状態および自殺状態との関連を減らすことに貢献するかもしれないという予備的な疫学的証拠を提供します。」

物質使用に関するブリティッシュコロンビアセンターとブリティッシュコロンビア大学の研究者によって実施された24,000人を超える研究対象者のうち、420人が臨床的にPTSDと診断されました。このうち、PTSDの106人(28.2%)は、過去1年間に大麻を使用したと述べています。これは、PTSDを持っていない人の平均(11.2%)よりも著しく高いです。

「PTSDの治療選択肢が限られているため、私たちは多くの患者が症状を緩和するために大麻を服用していることを知っています」と、研究の主著者であるStephanie Lakeはプレスリリースで述べました。「しかし、全国調査の結果が大麻で障害を治療することの潜在的な利点を示したのはこれが初めてです。」

過去1年間の大麻使用を報告しなかったPTSDに苦しんでいる人たちは、最近の重大な鬱病エピソードを経験した可能性が約7倍であることが、調査で判明しました。また、自殺を企図した可能性が4.3倍でした。

調査ではカナダの回答者のみを対象にしていますが、調査結果は米国の患者にも関連しています。州の軍関係者も一般人口に比べてPTSDの発生率が高いためです。

米国退役軍人局(VA)の元秘書であるDavid Shulkin氏は、PTSDの退役軍人に対するマリファナの治療上の利点について臨床研究を行う部門に賛成すると最近述べました。この住民の自殺率は、治療の選択肢を無視することが、人々に「危険」を与えることを証明していると述べています。

VAは、彼の指導の下で退役軍人を苦しめる状態に関する大麻研究の先導サポートを拒否しましたが、シュルキン氏は今週、同部門は「医療大麻を含む退役軍人の生活向上に役立つあらゆるものの研究に関与し、オープンにされるべきだ」と述べました。

「私たちは、さまざまな健康状態に対する大麻の治療の可能性がどのようなものであるかを理解し始めたばかりです」と、この新しい研究の主著者であるM-J Milloy氏は述べています。「これらの発見は有望であり、PTSDとともに生きる人々にとっての大麻の利点を完全に理解するためにさらなる研究の利点となるでしょう。」

記事をシェアする
Close Menu
×
×

Cart