メキシコのレクリエーション大麻法案が期限切れ!

メキシコのレクリエーション大麻法案が期限切れ!

近年、マリファナ産業の勢いは北米全体に到達し、様々な障壁を打ち破っています。カナダが2018年10月17日にレクリエーション用マリファナにGoサインを出した最初の先進国になりました。
さらに最近では、この成人使用の合法化の1年記念日に、大麻派生商品(たとえば、食用、蒸気、注入飲料、濃縮物、および局所薬)の販売に関連する規則と規制を公式に実施しました。

米国では、米国食品医薬品局が2018年6月に最初の大麻由来の薬物を承認しました。1年後、イリノイ州が成人用大麻と娯楽用大麻の販売を合法化した最初の州になりました。

そして、メキシコは、2017年6月に医療用マリファナに青信号を発し、先週成人用マリファナを合法化する態勢を整えました。ただ、残念なことに、後者の計画は失敗に終わりました。

メキシコのレクリエーション大麻法案が期限切れ

10月28日月曜日に大麻オンラインマリファナビジネスデイリーで報告されたように、メキシコの議員は、最高裁判所が課した10月末までにレクリエーションマリファナを合法化する法律を可決するための締め切りに間に合いませんでした。

メキシコの最高裁判所はハロウィーン2018で大麻のレクリエーション使用と所持を禁止することは違憲であると裁定しました。これは、メキシコの最高裁判所が同様の決定に達した5回目の例でした。メキシコでは、この判決により、レクリエーション用大麻の合法化が標準になりました。これに対応して、最高裁判所は議員に、商業用マリファナ市場を管理する法案を作成するために1年を与えました。

この法案の簡単な要約を以下に記載します。

  • 購入および所有の年齢は18歳に設定する。
  • 消費、使用はプライベートでのみ許可します。
  • 包装規制は厳しく、青少年が大麻製品を試すのを思いとどまらせるように設計する。
  • 食用および大麻が注入された飲料は、医療大麻患者のみが利用できる。
  • 大麻研究所はメキシコの合法化された大麻産業を監督する。
  • 成長、加工、製造、または小売ライセンスの取得に関しては、大企業に優先順位はありません。

マリファナビジネスデイリーおよび多数のメディアレポートによると、この法律を可決することが停滞してしまった理由の1つは、この分野に参入したい企業からの外部からの圧力でした。メキシコは、低所得者、小規模農家、先住民にライセンスの優先権を与えることを目指しているため、大手の公営企業や民間企業がシェアを手に入れる方法を疑問視しています。モレナ党の上院議員リカルド・モンレアルは、これらの外部企業が投票や法律に影響を与えないようにすることを約束しました。

今、何が起きてるの?

メキシコの議員がレクリエーション用の大麻法を可決する期限を逃したことで、今何が起こっているのでしょうか?

議員は、10月以降に成人用マリファナを合法化するために最高裁判所の期限の延長を要求しました。モンレアルによれば、議員は、11月の最初の数週間以内に実施される枠組みを議論し、討論し、可決する意向を持っています。

しかし、最高裁判所が議員の延長要請に友好的であるという保証はありません。最高裁判所が昨年のハロウィーンで成人用大麻を事実上合法化したとき、メキシコの政治家に詳細を整理するための1年を与え、その立法措置がさらに遅れるのを許されないかもしれません。

オンライン出版Excelsiorによると、最高裁判所は、既存のメキシコ大麻法の一部を違憲とみなし、それにより真の市場監視なしで娯楽用マリファナを合法化する権限を持っています。国の高等裁判所がこのような抜本的な行動を検討するかどうかは不明ですが、このような事態が起こる可能性は確かにゼロではありません。問題は、そのような訴訟に賛成票を投じる十分な裁判官が最高裁判所にいるかどうかです。

要点は、メキシコがレクリエーション用マリファナの合法化に向けて勢いづいていることですが、物事は最初に想像されたほど進んでいません。

記事をシェアする
Close Menu
×
×

Cart