カリフォルニア州が違法大麻で1500億円以上を押収!

カリフォルニア州が違法大麻で1500億円以上を押収!

カリフォルニア州当局は、2019年度に1500億円以上の違法マリファナ、もしくは合法市場に相当する大麻を押収したと発表しました。

州内の345箇所の強制捜査された栽培環境から953,000株を超える大麻植物が押収されました。当局は、カリフォルニア州のマリファナ植林に対するキャンペーン、またはCAMPプログラムの下で148人を逮捕し、168個の武器を没収しました。

「違法な大麻栽培は私たちのコミュニティを破壊している。生命を無視し、水を汚染し、公有地に損害を与え、違法大麻ブラックマーケットを兵器化する犯罪者は裁判にかけられるべきだ」とザビエル・ベセラ司法長官は月曜日の声明で述べました。

押収額は、工場あたりの推定卸売価格1,600ドルに基づいています。

AP通信が引用した大麻業界の専門家は、小売用マリファナ市場では卸売費用が2倍になるため、押収した違法に栽培されたマリファナの価値は30億ドルであると述べました。

ユナイテッド・カンナビス・ビジネス協会の会長であるジェロッド・キローは、カリフォルニアの押収は「規制市場全体に等しい」と述べました。

カリフォルニア州内で使用するために大麻が合法化されましたが、無免許の闇市場がまだまだ大きいです」と、カリフォルニア州警備隊反薬物タスクフォースのコーディネーター大佐、ロバート・パオレッティは語りました。
「私たちの参加は、有権者が承認したシステム内で運営することを選択した生産者、製造者、および売り手の公正な市場を促進し、この違法市場を防ぐために働いています。」

カリフォルニアの有権者は2016年にレクリエーション用マリファナを合法化しました。しかし、違法市場では消費者が大麻に税金を払うことを避けることができるため、まだ生きています。

業界の専門家は、合法市場は他の理由で違法市場と競争するのに苦労していると言います。

「規制当局は両義的であり、大麻を違法市場から排除し、少量の所有犯罪に対する少数民族の過剰収容など、禁止されている危害を是正することの価値を公的に支持しているが、法的市場を競争力のあるものにする為、十分な店舗を許可して規制と税金を低く維持することを望まないことがしばしば証明されている。」と業界アナリストのArcview Market ResearchとBDS Analyticsのレポートは述べています。

記事をシェアする
Close Menu
×
×

Cart